「SUMURAI LEGEND」は、「風の抄・英語版」(原作 古山寛氏 Central Park Media社)、です。

 英語版ですが、今「噂」の、右開き版(「日本語版」と同じ!)です。後ろからよむと、「止まれ」(日本語で)と「STOP!」と、書かれています。そして、コマの読み進め方が、図示されています。わたしも、こういう右開きの洋書は、はじめてです。

 絵が不自然でないのが、良いです。とくに、時代劇ですので、刀の使いかたとか、今までのように、左開きにする(裏返す)と、すべて左利きになってまい、殺陣などが不自然になってしまうと思われます。

 右開きでも、意外と読みやすいですし、この方法には、賛成ですが・・・・・。アメリカの人が読んだら、どうでしょうか?。しかし、この方法を、アメリカで、はじめた、雑誌「SHONEN JUMP」は、かなり、売れているようです。この方法は「アメリカの出版文化を変える」とまで、言われているのですが、ひょっとしたらそうなるかも・・・・・。

 巻頭には、アメリカ人にも、わかりやすいように、「BAKUFU」「EDO」「NINJA」などの、語句の説明、「YAGYU JUBEI」(「JUBEI YAGYU」ではないでしょうか?)などの、登場人物の説明・「柳生一族」の説明(「YAGYU JUBEI」の説明のなかに、「Video Game=テレビゲーム」の「Onimusha Warlords U」「Somurai Shodown」が、でてくるのは「現代的」で、少し笑えます。でも、その方が、若い人には、わかりやすいかも。)が、でています。

 巻末には、古山氏と谷口先生の、「日本語版」の「あとがき」の英訳が載っています。そのあとに2人の、BIOGRAPHIESが、でています。

 訳者は、「Mayumi Kobayashi」氏です。

「SUMURAI LEGEND」=「風の抄・英語版」2003 について