谷口氏が漫画化してみたいと記されている原作(小説)

各種「対談・インタビュー」のなかで、これから、漫画化してみたいと、記されている作品があります。まとめてみました。



@「鹽壺の匙」」車谷長吉(「塩=昔の字」)

  「ダヴィンチ1996年.7月号」
  谷口氏談「この物語の背景に描かれている、なにげないけれど
         すざまじい情念や怨念が漂う世界をマンガの表現で
         伝えることができるのかと常々考えているんです。・・・」



@尾崎翠(女流小説家)

  「鳥取NOW1998年.39号」
  谷口氏談「(尾崎翠=鳥取県出身女流作家、の晩年)・・・・『父の暦』
        『遥かな町へ』に続く“鳥取三部作”を作りたいですね。・・・・」

  「ダヴィンチ2001年.2月号」
  谷口氏談「実は、尾崎翠さんの少女小説をマンガにしたいな、
         と考えているんです。・・・・もし描かせていただけるなら、
         絵はもっと省略してデフォルメした感じに変えて・・・・。」

  「とっとり市報2003年 8/15」
  谷口氏談「・・・・伝記とはいかないかもしれませんが、その人と砂丘を
         絡めたものができればいいなと考えています。」



@「白鯨」ハーマン・メルヴィル

  「ダヴィンチ2001年.1月号」
  谷口氏談「私は、メルヴィル『白鯨』を描きたいなあ。しかも、
         完全版で。とくに鯨に関する博物学的な蘊蓄の
         部分をきっちりと描き込んでいきたい。」



@「キマイラ」夢枕獏

  「ダヴィンチ2001年.1月号」
  谷口氏談「実はぼくも『魔獣狩り』(夢枕獏氏作)は描きた
         かったんですよ。あとは『キマイラ』だなあ。」




いずれも、谷口氏の作画で、読んでみたいですね。


それに「イカル」「地球氷解事紀」の、続編も・・・・・・。