雑誌「言語」1992 10月号 (大修館書店)に、谷口先生のエッセイ

(4ページ)発見。(2007.7)


15年前のもの。

全文掲載したいぐらいだが。


とても、心境がよくわかる文。


章文だけかくと

@はじめに映像ありき

@漫画大好き人間

@漫画の作劇と一つの試み

@漫画の可能性